Level4GOE3

イチオシは羽生結弦くん

世界選手権2020

世界選手権が中止される事になりました。

www.sponichi.co.jp
10月以降の代替開催を検討するという事ですが、10月下旬にはグランプリシリーズも始まりますし、その直前に前のシーズンの世界選手権をやるというのは無理があるように思います。
ISUとしてはやりたいでしょうね。特に誰のためなのかよく分からないアワードを……。

新SEIMEIが四大陸選手権からどんな風に進化したのか、そして4Aチャレンジが見られないのはとても残念ですが、選手の健康が一番大事です。だからこの中止は良かったのです。そう思います。

四大陸選手権2020 フリー

SEIMEIらしさを僅かも損なわず30秒短くした新生SEIMEI。素晴らしいものを見せて頂きました。
確かにステップアウトも転倒もありました。でも通しで出来るようになったのは2週間前とか。そんな短い時間でノーミスできるような簡単な作品ではないですよね。むしろ次の楽しみが出来たというものです。
今は四大陸選手権の優勝、そしてスーパースラムという偉業の達成を喜びたいです。

それにしても4回転アクセスを組み込んだ場合のジャンプ構成はどうなるんでしょうね?

f:id:level4goe3:20200210210328j:plain

プロトコル


【初制覇!】羽生結弦選手<男子フリー/四大陸フィギュアスケート選手権2020 in 韓国>ノーカット配信



四大陸選手権2020 SP

バラード第1番は至高のプログラムですね。
本当に素晴らしい。
平昌オリンピックからさらに進化していました。そして深化していますね。
何度も見てもいいものはいいものです。
ただ、世界最高得点を更新しましたけど、もっと高い点数が出ても良かったと思います。
ジャンプが+5では無い理由、パフォーマンスが10.00ではない理由をジャッジの皆さんはルールブックに沿った説明をできるのでしょうか。
『再演だから』は理由になりませんよ。

f:id:level4goe3:20200208161957j:plain

プロトコル

 


【世界最高得点!】羽生結弦選手<男子ショートプログラム/四大陸フィギュアスケート選手権2020 in 韓国>ノーカット配信



全日本選手権2019 フリー

6分間練習の時までは調子が悪いように見えなかったのですが、本番は信じられないぐらいの崩れ方でした。
過密日程と長距離移動による披露で限界点を超えてしまったのでしょうね。
SPの首位を守ることが出来ず、2位となってしまいました。
しかし4年ぶりの全日本選手権、怪我なく終えられたことが何よりだと思います。
この結果を受けて、世界選手権と四大陸選手権の代表に選出されました。正直、四大陸選手権の希望を出したことに驚きましたが、演技を見られる機会が1度増えたことは嬉しいです。

f:id:level4goe3:20191225150719j:plain

プロトコル

 


【フジテレビ公式】全日本フィギュアスケート選手権2019<男子フリー第2位・羽生結弦/演技+インタビュー>

プロトコル



全日本選手権2019 SP

4T+3Tと3Aの順番を入れ替えました。
基礎点は下がりましたが、その分をGOEで稼いで110.72の高得点をマークしました。
国内大会なのですから、もうちょっとはずんでくれても良いと思いますけどね。

f:id:level4goe3:20191225145946j:plain

プロトコル


【フジテレビ公式】全日本フィギュアスケート選手権2019<男子ショート第1位・羽生結弦/演技+インタビュー>

プロトコル



GPF2019 フリー

ハッピーなお誕生日とはなりませんでした。
SP同様ミスありとノーミスで、差はさらに広がってしまいました。
でも5クワドに構成を上げて挑んだその姿勢にしびれます。カッコイイOrigin様でした。
それにしても採点は渋かったと思います。両者の4LzのGOEの差は何なのか、考えても分かりません。
順位はともかくとして、点差は釈然としません。

f:id:level4goe3:20191210151414j:plain

プロトコル

 


Yuzuru Hanyu FS GPF Torin 2019

プロトコル


GPF2019 SP

Otonalはとても美しい演技でした。
ただ1ヶ所、4Tがステップアウトになってしまい、コンボに出来なかった以外は。いえ、ミスがあっても美しい演技でした。
しかしその1つのミスによって失った点数は大きいものでした。
4Sも3Aも『何故満点じゃないのか?』と聞きたくなるほど綺麗に決まっていましたし、スピンもステップもレベル4を揃えました。
97.43。
コンボなしでこの点数を出せることがすごいのですが、ネイサンがノーミスで110点出しましたから……。
2位で点差がほぼ13点。相手がネイサンですし、厳しい状況になったことは確かです。昨季の世界選手権と似ています。
結末が同じになるのか否か。どんなフリーを見せてくれるのか、楽しみにしたいと思います。

f:id:level4goe3:20191206151022j:plain

プロトコル


Yuzuru HANYU JPN Short Program 2019 Grand Prix Final Torino


プロトコル